富山のご紹介

TOP >> 富山湾と富山湾の魚たち

富山湾

”神秘の海” 富山湾

富山湾は、西側に大きく突き出した能登半島に抱かれる、日本海側最大の湾です。
最深部は1200m以上もあり、太平洋側の駿河湾、相模湾と並んで、日本三大深湾のひとつでもあります。
神秘の海とも、豊饒の海ともいわれる富山湾は、多くの恵みと深い愛情をもたらしてくれる富山県の母なる海なのです。

その神秘の海富山湾は、大陸棚が狭く、沿岸から急激に深くなっているのが大きな特徴です。
また、海底斜面は、深い谷(海底谷)が数多く刻まれた複雑な地形をしています。とくに湾奥部で海岸近くまで海底谷が迫った海域は、周囲に比べて海の青さが一段と濃く見えるため「あいがめ(藍瓶)」と呼ばれ、深海に生息するシロエビやベニズワイガニなどの格好のすみかとなっています。

特異な地形をもつ富山湾には、数々の珍しい現象があります。たとえば、遠方の景色が変形して見える「蜃気楼」、約1万年前の森林跡とされる世界最古の「海底林」、夜の海上に幻想的な光を放つ「ホタルイカ」は、富山湾の三大不思議です。ほかにも、多様な分野での応用が期待される深層水、海越しに3000m級の連峰を望む世界でもまれな絶景など、多くの謎と魅力をもった富山湾は、まさに神秘の海といえます。

”天然のいけす” 富山湾

富山県は、「県のさかな」に指定される、ブリ、ホタルイカ、シロエビを筆頭に、四季を通じて豊かな海の幸に恵まれています。富山湾の表層には、日本海側を北に流れる対馬暖流の一部が能登半島に沿って入り込み、この流れに沿って暖流系の魚が入ってきます。

一方、水深300m以下に存在する日本海固有水(深層水)と呼ばれる海水は、常に水温が2度以下と冷たく、そこには冷水系の魚がすんでいます。

このように富山湾は、暖流系と冷水系の両方の魚がすめる環境となっており、日本海に分布するとされる約800種のうち約500種の魚が泳ぐ、水産資源の宝庫となっており、加えて、大小の急流河川が注ぎ、常に新鮮な栄養が補給されること、沿岸から急激に深い海となり、漁場と漁港が近いことなども特徴で、美味しい魚を抜群の鮮度で供給できる、それが富山湾が「天然のいけす」と称される所以です。

この恵まれた漁場を生かした富山で食されるおすしは、種類も豊富で、且つ新鮮なのです。

  
 ブリは出世魚です。  神秘の光ほたるいか   富山名産白えび

このページのトップに戻る↑

富山湾の魚たち

富山県の魚

「富山県のさかな」 は、 ブリ、 ホタルイカ、 シロエビの3種で。 1996年10月に選定され、 12月にはシンボルマークも決まりました。

富山湾の王者【ブリ】
ブリは春から夏にかけて日本海を北上し、秋になると再び南下します。この時期のブリが「寒ブリ」と呼ばれ、11月から1月にかけて最も脂がのり美味しくなった頃に富山湾にやってきます。これを定置網で待ち構えます。獲れたてのキトキトのブリは、刺身、塩焼き、ブリ大根として食べられています。

富山湾の神秘【ホタルイカ】
夏から冬の間、日本海の深いところで生活していたホタルイカは、春先になると産卵のために富山湾沿岸に来遊してきます。魚津から新湊にかけての沿岸にはホタルイカの定置網がしかけてあって、夜ごと水揚げが行われます。ホタルイカの体には多くの発光器を持ち、暗闇で発っする光はほの青白く輝き、その幻想的な光景は見る人の心を魅了します。ゆでたての桜煮(塩ゆで)は絶品で、他には塩辛、竜宮そうめん(足の部分だけの刺身)として食べられています。

富山湾の宝石【シロエビ】
4月から11月にかけて底曳き網で漁獲されます。富山湾へ深く切れ込む海底谷付近に生息しており、世界でも富山湾だけで獲られています。生きているシロエビは透明で淡いピンク色をしておりとてもきれいです。刺身で食べると、ムッチリした感触とともに、フルーツのような甘みがあり美味しい。他には昆布〆刺身、天ぷら、寿司として食べられています。

このページのトップに戻る↑

富山湾の旬の魚介類

魚介類の種類が豊富な富山湾では、その季節で水あげされる魚介類がほぼ決まっており、富山県民は食卓で季節を感じる事ができます。

以下は、富山湾のその季節で獲れる代表的な魚介類です。

*季節をクリックすると、その季節の魚介類がご覧になれます。


ほたるいか

富山湾のホタルイカは普段、水深約200〜600mの深海に生息し、毎年3月から6月上旬にかけて、夜になると産卵のため海岸近くまで大群となって押し寄せてきます。日本近海で海岸近くまで大群をなして集まるのは富山湾だけであり、富山市常願寺川河口から魚津港までの沖合1.3kmまでの海面は、「ホタルイカ群遊海面」として国の特別天然記念物に指定されています。

白えび

富山湾の主に水深300〜600mにすむシロエビ。漁業が成立するほど大量に獲れるのは、世界でも富山湾だけ。庄川・神通川・常願寺川沖に形成される、富山湾特有の海底谷「あいがめ(藍瓶)」がその漁場です。体長6cmほどの極小粒のエビで、別名「シラエビ」「ヒラタエビ」「ベッコウエビ」とも呼ばれています。生きているものは透明感のある淡いピンク色をしており、それが「富山湾の宝石」と称される所以です。

バイ貝

富山湾で漁獲されるバイ貝には、オオエッチュウバイ、ツバイ、カゴバイ、ボラモドキなどがあります。中でも水深約350〜1550mの深海に生息するオオエッチュウバイは、その名の通り、殻が約15cmにもなる大型の貝。刺身にすると、シコシコとした歯ごたえが楽しめ、磯の香りが漂う肝も美味です。小ぶりのバイ貝は、煮付け、酒蒸しなどにして美味しく食べられます。

ハチメ(メバル)

沿岸の岩礁域や海草、海藻が繁る場所でよく見られ、卵ではなく仔魚を産む「卵胎生」の魚で、11月頃に交尾をして12〜2月頃に産仔します。
春が旬なので「春告魚」と呼ばれるております。

ニギス

富山では魚屋さんでもお馴染みの深海魚です。大きな鱗に覆われていて、触るだけでごっぞり剥がれてしまいます。生時の体色はこの鱗が青紫色に輝き、沖釣り師だけが見ることのできる美しさです。

サヨリ

春を告げる魚の代名詞とも言われるサヨリ。日本海で水揚げされるサヨリは三陸や房州勝浦で水揚げされるものよりは小ぶりですが非常に美味しいと言われています。
富山では一夜干しや昆布じめなどで食されています。

のどぐろ

のどぐろは正式名称はあかむつですが、富山では口の中が黒いため「のどぐろ」と呼ばれる幻の高級魚です。
白身魚にしては脂の乗りが非常に良く、白身魚のトロとも言われるほどで、柔らかな白身で癖のない甘みが絶妙です。

岩ガキ

立山から流れ出るミネラル豊富な雪解け水。その水温は夏でも非常に冷たく、牡蠣の育成に大きな影響を与えています。
寒流と暖流が折り重なるように混ざり合う富山湾の海水は、豊富なプランクトンを育み、こうした漁場で採れる岩ガキは富山湾の一品です。

氷見マグロ(クロマグロ)

氷見では50kgを越えるものはとくに「クロマグロ」と呼びわけており、1998(平成10)年には、体長2.6m、重さ360kgの超大物マグロが水揚げされました。冷たい海を好むので、脂がのって美味しいマグロです。

真アジ

寿命は6〜7年、全長40cmほどになる。富山では定置網や八艘張網で周年水揚げされるが7〜7月に漁獲が多い。
「アジは味なり」ということわざ通り、塩焼き、タタキ、刺し身、フライ等に美味。

真鯛

富山湾では「アカダイ」と呼ばれ、5月中旬〜8月頃にかけて主に定置網で漁獲。
刺し身、塩焼き、粕漬け、味噌漬けなどにされ、古くから日本人に海魚の王様、めでたい魚として好まれてきた。

アオリイカ

ヤリイカ科の一種で、墨を大量に吐き出すので「墨烏賊」の別名がある。富山の一部の地域では「クロイカ」とも呼ぶところもある。味が良いので、刺し身などにはもってこい。

カマス

富山湾での最漁期は9月〜11月。体長25〜35cmほどのものが多く、通称アブラカマスと呼ばれ定置網や刺網で漁獲。開き干し、塩焼き、煮付けもうまい。

ガザミ(ワタリガニ)

富山県では一般にワタリガニと呼ばれており、秋を中心に獲れる。夏の産卵期前のものも美味しい。氷見では「おつゆがに」といわれ、味噌汁に入れて食べるがポピュラー。

フクラギ(イナダ)

富山県民がこよなく愛す日常魚。漢字で書くと「福来魚」。福が来る魚、実に縁起がよろしい名前で、思わず笑顔になってしまう味わいは、まさに「福」そのもの。
出世魚であるブリの子供、コズクラ→フクラギ→ガンド→ブリ。

甘エビ

標準和名は「ホッコクアカエビ」。生の刺身などで味わえるとろけるような甘さから、甘エビの名で親しまれています。水深200〜500mの深海にすんでいますが、富山湾は急激に深くなるため、沿岸で水揚げされ、極めて新鮮なまま食べられるのが魅力です。青緑色の卵は、プチプチとした食感が妙味。旬は晩秋から冬ですが、初夏の甘エビもうまみがあります。

ベニズワイガニ

ブリや甘エビと並んで、富山の冬を代表する味覚のひとつ。富山湾の水深450m以上の深海に生息し、紅色は茹でるといっそう鮮やかになります。身は上品な甘みがあり、甲羅の中の濃厚なミソも絶品。ズワイガニよりも漁期が長く、とくに「カニ籠漁発祥の地」である魚津市、他では見られない「などきのセリ」(午後1時のセリ)が行われる射水市などでの漁が盛んです。

タラ

富山県東部、宮崎海岸の名物「タラ汁」は、新鮮なタラ(スケソウダラ)をブツ切りにし、身やアラ、肝や白子まで余すことなく鍋に入れ、味噌で煮込んだ浜汁。もともとは、沖にでた夫の帰りを待つ妻たちが浜辺で作った漁師の朝食でしたが、これがいつしか口コミで評判になり、土地の名物料理になりました。シンプルだからこそ、素材のうまさがダイレクトに伝わり、体にじんわりと染み入る素朴な味わいです。

ブリ

初冬の富山湾の雷鳴は、ブリの豊漁を告げる「ブリ起こし」と呼ばれています。この時期、氷見沖にやってくるブリは産卵前で、最も脂がのった状態です。これを定置網でキズつけずに捕獲、漁船で大量の氷水につけ「沖じめ」(仮死状態)にしてすぐに氷見漁港へ運ぶため、その鮮度は抜群です。脂がのり、キリッと締まった身の食感とまろやかな深い味わいは、一度口にしたら忘れられません。

このページのトップに戻る↑

富山のご紹介メニュー

すし組合のご案内

すし組合携帯サイト

組合の情報やお店の情報が、お使いの携帯電話でご覧になれます。
お使いの携帯電話のカメラ機能を使い、左のQRコードを読み取ってください。


富山県鮨商生活衛生同業組合
〒930-0042 富山県富山市泉町1-6-17 TEL: 076-491-3226

このサイトは、全国中小企業団体中央会より「平成22年度組合等Web構築支援事業」の助成を受けて制作しました。
全国中小企業団体中央会 富山県中小企業団体中央会

Copyright(C) toyamaken-sushi-kumiai. All Rights Reserved.